世 田 谷 借 景

~公園とバスと散歩と時々子育ての話~



selected entries categories archives links profile BOOKS GOODS
WEATHER
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト ::: 2015.12.30 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -




いざまた鎌倉 ::: 2012.12.29 Saturday



ここのところ冬になると鎌倉の地を踏んでいる私。

北鎌倉の駅で友人たちと待ち合わせて、そこから東慶寺→笹の葉で精進料理→タクシーで報国寺→バスと徒歩で東慶寺に戻って→鎌倉の元横山隆一邸のスタバでお茶→小町通り。なぜ東慶寺に二度行くことになったかは友人のblogに詳しくありま〜す。

念願の報国寺では、まさにかぐや姫がいまにも竹の中から出てきそうな幻想的なお庭を堪能。東慶寺では、特別拝観の水月観音菩薩半跏像を鑑賞しました。

東慶寺は縁切寺としても有名な尼寺だったのですが、ここで十数年ぶりの友と三人、この「池に映る月を見る観音さま」の前に集うなんて、私たち前生ではきっとかなしい結婚をしたに違いない幸せになったときここで再会しようって約束してたのかな、なんて想像が頭に浮かぶくらいとても感慨深い体験で、不思議な縁を感じました。観音様の上には鈴木大拙の書が掛けられていたのもひときわの感動。

ちなみにこの水月観音が安置されている部屋は、東慶寺で結婚式があるときに花嫁さんの控えの間になるそうです。これまた素敵なエピソード。

古都というのは、人を不思議な過去へいざなうものなのですね。

 




スポンサーサイト ::: 2015.12.30 Wednesday